FC2ブログ
プロフィール

njs2011

Author:njs2011
赤道直下のケニア,ナイロビにある日本人学校です。昨年,開校45年目を迎えました。小さいけれども,とってもパワフルな学校。ケニア日本人会をはじめ,たくさんの人たちの心のよりどころになっています。

ナイロビ日本人学校ウェブサイト
http://www.2018njs.com/

お問い合わせ
njs.main@gmail.com
njsyotei@gmail.com
+254-20-2513321
P.O.Box948 Karen00502, Nairobi, Kenya

リンク
最新記事
アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

今週の予定(6月24日~)

 先週末、天候が心配された運動会を無事終えることができました。児童生徒のがんばりが様々な場面で見られ、保護者や日本人会の皆さんと共に盛り上がることができました。
 今週は振替休日明けの火曜日からでした。
 全校朝会では、運動会の振り返りや、今秋以降の取組の確認などを行いました。
 1学期も残りひと月となりました。最後までしっかりがんばります!



≪今週の予定≫
6月24日(月) ・運動会振替休業日
  25日(火) ・5~7校時:アナジャリ校と交流(3~6年生)
         ・7校時:自学タイム
  26日(水) ・7校時:だいこん集会/学年部活動・児童生徒会活動
  27日(木) ・転出児童門送り(15:15~)
  29日(土) ・親子スポーツ

運動会へ向けて

 6月22日(土)に運動会があります。本番に向けて5年生以上の児童生徒は係ごとに打ち合わせを行いました。競技や演技はもちろん、この係の仕事も運動会の中では大切な動きになります。
今年度は、放送係と環境・得点係の2つです。係ごとに事前に準備することや当日の役割分担などを行いました。



20190617_150238.jpg

今週の予定(6月17日~)

 今週も全校朝会で一週間がスタートしました。今月の目標を確認した後、各学年部から一名ずつ、今全力で頑張っていることを発表しました。どの子も今週末の運動会へ向けて頑張っていることを話してくれました。 
低学年の子どもたちからは、七夕へ向けての取り組みの紹介とお願いがありました。今年はどんな願い事が並ぶでしょうか。



20190617_081816.jpg

小5社会「寒い土地のくらし」~北海道のくらし

 5年生の社会科の学習では、日本の中でも特に寒さの厳しい北海道を題材にして、気候に合わせたくらしの工夫について学習しています。
 実は、本校の滝川校長は、北海道厚岸から赴任しています。「実際にくらしている方から本当のくらしの様子を聞いてみよう!」と、ゲストティーチャーとして授業に参加していただきました。
事前に教科書で学習していましたが、「最低気温が-30℃に下がった日は、お昼に-15℃になれば温かく感じる」「真冬の寒さを楽しむために、水に足をつけて我慢比べをするタンチョウフェスティバルがある」…など、思わず「え~!」と声が出てしまうようなエピソードがたくさん聞けました。


アナジャリ校 周辺フィールドワーク

 昨年のアナジャリとの交流では、「こんなケニアになったらいいな」と、イメージマップを作っていましたが、今年の交流ではさらに一歩進め、「ちょこっと社会を変える学び」をテーマに、自分たちも社会のために何かできることはないか考えています。今回の交流では、アナジャリのすぐ近くをいっしょにフィールドワークし、住民たちのかかえる問題を探してみました。
 アナジャリの子どもたちや先生に生活の様子などを話してもらいながら学校周辺を歩いた後、「どんなことが問題だと思った?」と尋ねると、日本人学校の子もアナジャリの子も「そこら中にゴミが捨てられてしまうこと」と「川の水がとても汚れていること」を挙げていました。子どもの目から見れば、国籍や習慣がちがっても感じ方は同じなんですね~。「ゴミを食べたブタを人間が食べたら、人間も病気になりそう」「この水のそばで子どもが遊んでいるから、子どもたちも危険だと思う」など、他の問題へのつながりを想像した意見もたくさん出ていました。
 次回は、なぜこのような問題が起こるのか考えていくことにしました。次回の交流でも、さらに深いディスカッションになりそうで楽しみです。

1

2