プロフィール

njs2011

Author:njs2011
赤道直下のケニア,ナイロビにある日本人学校です。昨年,開校45年目を迎えました。小さいけれども,とってもパワフルな学校。ケニア日本人会をはじめ,たくさんの人たちの心のよりどころになっています。

お問い合わせ
njs.main@gmail.com
njsyotei@gmail.com
+254-20-2513321
P.O.Box948 Karen00502, Nairobi, Kenya

最新記事
アーカイブ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

キャンプ学習【お楽しみと見学編】

キャンプ学習1日目のクライマックスは、
キャンプファイヤー。

炎は何かを呼び起こして
人の心をつなぐ 何かをもっているらしい。

ゆらゆらと パチパチと

キャンプファイヤー1


厳かなセレモニーの後は、

キャンプファイヤー2

じゃんけんゲームあり

キャンプファイヤー3

ダンスあり

キャンプファイヤー4

薄暗がりでは なんでもあり。

キャンプファイヤー5

思い思いのリズムと動きで。

キャンプファイヤー6



キャンプファイヤー7

マシュマロは 
炎のおかげで こんがり甘く

キャンプ おやすみ

特別に おもしろかった一日は
静かに幕をおろします。

おやすみ。









キャンプ夜明け1

鳥のさえずりに 目を覚ますと

アフリカの夜明け。

月明かりと太陽が 空ににじんで 明るくなって

キャンプ夜明け2

子どもたちは いつもより早起きです

特別な新しい一日の始まり


子どもたちのテントを影で包んでくれていた大木に

きれいな花が咲いていて

小鳥のさえずりは

その木の枝から聞こえてくるのでした。

テントの上の鳥と花


キャンプ朝おにぎり
朝食の前の腹ごしらえ?
きのうのうちに作っておいた
おにぎりを 焼きおにぎりに。

香ばしい香りが 元気を呼ぶようです

キャンプ オルカリア発電所1

キャンプ2日目は、キャンプ場から車で20分ほど

オルカリア地熱発電所を見学です。

水力が主なケニア・ナイロビの発電エネルギーですが、

実はそのうち 20パーセント近くが、

この地熱発電所で生み出されるとのこと。

そして、現在建設中をふくめ 3つの地熱発電所建設には

日本の技術力がふんだんに 生かされていること。

水蒸気をタービンへと運ぶ 圧巻のパイプライン。

日本とケニアの結びつきを かたちで実感した
貴重な勉強になりました。


キャンプ オリカリア発電所3


疲れた

でも 楽しかった!

一泊二日のナイバシャキャンプ学習でした。