プロフィール

njs2011

Author:njs2011
赤道直下のケニア,ナイロビにある日本人学校です。昨年,開校45年目を迎えました。小さいけれども,とってもパワフルな学校。ケニア日本人会をはじめ,たくさんの人たちの心のよりどころになっています。

お問い合わせ
njs.main@gmail.com
njsyotei@gmail.com
+254-20-2513321
P.O.Box948 Karen00502, Nairobi, Kenya

最新記事
アーカイブ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人三脚に,アフリカと日本の未来を見る

  運動会の練習も佳境に入ってきていますが,ここでは二人三脚に絞って紹介していきたいと思います。ここで紹介している写真では,日本人学校の子ども同士で二人三脚の練習をしていますが,運動会本番では,本校と長年交流し,運動会にも毎年参加しているキリマニ校という,現地校の子どもたちと一緒に行います。
CIMG8100.jpg
  日本の運動会文化の象徴的な種目である二人三脚ですが,多くのケニアの子どもたちにとっては初体験。肩を組み,足を結び,息を揃えての二人三脚です。日本人学校の子どもたちがリードしつつ,声をかけながら二人三脚の練習を種目前に少しだけ行って,本番のレースということになります。

  そういった状況ですので,うまくいかなかったり,二人揃ってつまずいたり,でも,立ち上がり,二人三脚しながらお互いに声をかけ,そして最後は「サンキュー」と言って握手で別れる・・そんな光景が例年の運動会で見られます。
CIMG8103.jpg
  子どもたちの練習を見ていながら,ふと先週横浜で行われたTICAD5のことを思いました。安部総理大臣もアフリカへの多額の支援を発表し,またルト副大統領と安部総理大臣の写真も,先日のケニアの新聞に大きく掲載されていました。日本でもいろいろなマスメディアで,アフリカの事が話題になっているとも聞いていますが,この二人三脚に,今後のアフリカと日本の関係が見えるような気がしたのです。
CIMG8105.jpg
  この時期だからこそ,今年は二人三脚に注目してください。そこにアフリカと日本の輝かしい未来が見えると思います。
CIMG8104.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。