プロフィール

njs2011

Author:njs2011
赤道直下のケニア,ナイロビにある日本人学校です。昨年,開校45年目を迎えました。小さいけれども,とってもパワフルな学校。ケニア日本人会をはじめ,たくさんの人たちの心のよりどころになっています。

お問い合わせ
njs.main@gmail.com
njsyotei@gmail.com
+254-20-2513321
P.O.Box948 Karen00502, Nairobi, Kenya

最新記事
アーカイブ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗たく板を使って

 3年生は、社会の学習で「古い道具と昔のくらし」を学習中です。日本では今も比較的古い道具が残っていますし、学校にも保存してあることが多いのですが、ナイロビでは・・。ただ、ナイロビ日本人学校には、洗たく板がありますので、それを用いて、「古い道具体験」ということで、各々に洗たくをしました。何を洗ったのか・・。それは、子ども達が昨日はいていた靴下・・素敵なかおり・・。

 洗たく板の溝の意味を考えながら(汚れをこすりやすくする以外にも意味があります。答えは最後に・・)、時に靴下の汚れをこするのではなく、自分の指を溝にこすりつけて「痛っ」となりながらも、楽しそうに靴下を洗う子ども達。
 とてもよい天気が続くナイロビですので、靴下もすぐに乾きました。干した靴下と一緒に・・。
CIMG1455.jpg
 ちなみに、溝があると洗剤(石けん)の泡が溝に残って、汚れが落ちやすい、ということも学習していきました。体験から学ぶ・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。